一人ハイキング: 三度目の正直(大山見晴台)

Diary

この夏の富士山初登頂を目指して、トレーニングを重ねています。今回はその一環として、鶴巻温泉駅から見晴台(大山)への往復ハイキングに挑戦しました。

過去の挑戦と今回の意気込み

実はこのコース、過去に2回チャレンジしたものの、いずれも雨で途中断念しています。リンク先でその様子をご覧いただけます(一度目二度目)。

富士山登山シーズンが近づく中、「この課題を早くクリアして次のトレーニングに進みたい」「雨がなんだ!富士山だって雨は降るだろう」との思いを胸に、今回こそはコースを完遂する覚悟で出発しました。

出発と天候の変化

出発時はなんとか晴れていたものの、下社に着く頃にはまたしても雨。心が折れそうになりながらも歩みを進め、ついに目的地の見晴台に到着しました。残念ながら霧で何も見晴らせませんでしたが、それでも達成感はひとしおです。
下社
見晴台

復路のハイライト

復路は往路よりも楽に感じました。山あり谷ありのコースですが、基本的に復路は下りなので、足取りも軽やかに進めました。途中、陽が差してきたこともあり、風が強い中でも自然の美しさを満喫することができました。
下山中の景色

ゴールと振り返り

ついに鶴巻温泉駅に到着し、約9時間のハイキングを無事に終えました。

(早速、我慢していたトイレに入りました。鶴巻温泉駅は駅内のトイレも駅外のトイレのとってもきれいです。ありがとうございます。)

今回のハイキングでは特に自然を感じました。天気によってかわる山、種々の野鳥や虫(ヒルにも吸いつかれました)、強風に鳴る木々・・・他のハイカーさんがいない中での自然との交流は貴重な体験でした。

次回のトレーニングは、大山山頂を登ります。富士山登頂に向けて一歩一歩進んでいきます。応援よろしくお願いします!