家庭菜園: ジャガイモの収穫

Diary

退職後の新しい「仕事」として、家庭菜園に挑戦しています。正直なところ「仕事」と言うには大げさかもしれませんが、生活費の削減につながるかもしれないという期待もあります。

さらに、「仕事」といっても、今のところ実際の作業をしているのは主に家内で、私は「苗を買おう」「菜園を拡張しよう」と掛け声をかけるだけです。

さて、今日は約11週間前に植えたジャガイモを少し収穫してみました。

家内の話では、葉や茎が枯れてきたら収穫期だそうです。一部の苗が黄色くなってきたので掘り起こしてみたところ、まだ少し早かったようで小さいですが、ジャガイモが収穫できました。

種芋を植えてからおよそ3か月で収穫できるんですね。この間、特に手間もかけずに育てられたので、ジャガイモ作りって意外と生産性が高いのかもしれません。

(家庭菜園の現状:雑草も順調に育っている!)

昔、学校で習ったコメ作りでは、田植えから収穫までにもっと時間と手間がかかっていた気がします。それに比べると、ジャガイモは手軽に育てられる野菜ですね。

ちなみに、ジャガイモより後に植えたきゅうりの苗も、もう小さなきゅうりがなっています。野菜栽培は全般的に生産性が高いのかもしれません(?)。

退職後の新しい生活の一部として、家庭菜園を(家内と)楽しみながら生活費の節約をしていけたらと思います。