Araiguma Kazu 50代から始める人生マネジメント

抜歯

Diary

親知らずを一本抜きました

以前から左下の親知らずを抜くことを歯医者さんから薦められていました。

曰く、「かみ合わせに役立っていない」「奥でお掃除も行き届かない」「虫歯になっている」とのこと。

退職を機に、重い腰をあげて、本日抜いてきました。

じつにあっさりと終わりました。

過去に別の親知らずを抜いた時は、歯医者さんかなり苦労してやっと抜けたという感じだったのですが、今回は「え、もう終わったんですか?」というくらいでした。

歳をとって歯茎が弱くなり抜きやすくなったのか、単純に歯科医のテクニックの違いなのか。。。

ちなみに処方された薬は以下の2種。近年は病院の院内処方ってなくなりましたけど、歯医者さんは基本院内処方ですね。私の個人的経験の範囲ですが。

1.セフゾン 抗菌剤: 元はアステラスが開発し製造販売していたが、後発品もでてきて、今はLTLファーマという会社が製販の模様

2.ボルタレン 鎮痛剤: ノバルティス。後発品もでてますが先発メーカ品ですな。