Araiguma Kazu 50代から始める人生マネジメント

固定費削減:通信費

Diary

日々の買い物に影響を与えない節約をまず進める

節約のために先日電気の契約を見直したのに続き、今回はインターネット接続と携帯電話の契約を見直しました。

インターネット接続の方は、従来フレッツ光(NTT東日本)とビッグローブのプロバイダサービスを別々に契約していたところ、GMOとくとくBB光に一本化しました。

携帯電話の方は、mineoの使用を継続するのですが料金プランを「マイそく」(スタンダード/ライト)に変更しました。従来我が家が契約していたプランより安くなります。「マイそく」だと月~金の12時から13時の通信速度がかなり低く制限されるのですが、我が家の使用実態から考えるとほとんど問題ないと考えました。

インターネット接続も携帯電話も、今回の変更によって劇的にコスト削減になるわけではありません。

しかし、最近あらためて認識したのですが、家内は日々の食材やお菓子等の買い物に予算面からの制限がかかるとかなり幸福感が下がってしまうようです。

電気・通信費の契約見直しはこの点に影響を与えないので、チリも積もればということでコスト削減を積み重ね、筋肉質な家計を作りたいと思います。

<広告>
基本工事費が実質無料で安くて速い光回線【GMOとくとくBB光】