会社で最後の新規案件

Diary

昨日「やめることリスト」を投稿したばかりにもかかわらず、それに反して今日もオンラインゲームをし、就寝前ベッドでスマホをみてしまいました。

人間の意志の力って、その程度だよなと思います(完全に開き直り)。

米国とのWeb会議準備

最終出社日まで2週間を切っており、新しいプロジェクトなどは当然入ってきません。会社では、あまり無理せず(ゆったりとともいう)、これまで取り組んできた仕事を区切りのつくまで進めつつ引継ぎ準備をすすめています。

しかし、退職がまだ広く社内オープンになっているわけではないので、相談がきたときに「いや、もう私抜きで進めませんか?」と答えるわけにもいかない状況です。

そんな中、最近部内で、ちょっとした課題の会議に新たに招かれました。結果、私も入って解決に取り組むことに。

早速、日本時間の明日朝に米国の同僚とウェブ会議を行うことになりました。複雑な内容を英語で口頭のみで議論するのは混乱しやすいので、今日は情報・論点を記載した資料を作成して事前送付しました。

本件の話の流れから、別のメンバーに作ってもらうべきなんだろうなぁと思いつつも、時間があまりなかったので自分で作成してしまいました。

振り返ってみれば、英語で資料を作って英語で会議するということを仕事で何度も何度も行ってきました。退職するとこういう機会はなかなかないでしょうから今回が人生で最後かもしれません。

だからといって特別な思いが湧いてくるといったことはなく、また最高の資料に仕上げたということも全くなく普通の出来です。

ただ、早く作れましたね。昔に比べて。議論用資料の項目建てから内容の埋め方まで自然と頭に浮かびます。

ちなみにそんな大きな案件ではないので、退職前に片付くでしょう。